車両運行管理システム

エスアールティーがご提案する車両運行・管理システムとは、お客様には車体本体と自動車税などをご負担いただき、車両の運行、運転士の教育・派遣、車両メンテナンス、労務管理、事故補償など車両運行・管理はすべて当社が請け負うというもので、車両の保有(ハード)と車両の運行・管理(ソフト)とを分化させるシステムです。

車両の種類

 

乗用車
民間企業の役員車や官公庁の公用車の運行・管理を行います。
バス
スクールバスをはじめ、社員送迎バスや福祉バス、サービス業のお客様送迎バスなど、マイクロバスから大型バスまで、バス全般の運行を管理。お客様の要望に応じて、貸切バスの契約運行を行います。
特殊車両
乗用車やバス以外の、がん検診車や移動レントゲン車、移動献血車といった、医療関係車両、展示車などの特殊な車両の運行・管理を行います。
タクシー
一番身近な乗り物のタクシーや自治体と協同した乗合タクシーも運行します。

 

分担内容について

エスアールティー請負分・・・ソフト(ノウハウ・人材)

  • 運転士派遣
    お客様のニーズに合わせて、専門家が合理的な車両運行、管理システムを企画・設計してご提案します。そのうえで、独自のカリキュラムを修了した優秀な運転士を派遣いたします。
  • 車両メンテナンス
    日常の点検整備はもちろん、法定点検、車検をおこなうほか、必要に応じて消耗品の交換やタイヤの交換、洗車もいたします。さらに運行に必要なガソリンやオイル類の補充もすべて当社が負担します。
  • 保険・事故処理
    万が一の事故に備え、任意の自動車保険に加入します。また、事故が起きた際の交渉や補償などは、すべて当社が責任を持って処理いたします。
  • システム管理
    代務運転士の手配をはじめ、運転士の労務管理やコスト管理など煩わしい事務処理業務もすべておまかせください。

お客様ご負担分・・・ハード(車両・その他)

  • 車両購入(リース車を含む)
    お客様の所有お車、もしくはリース契約されているお車をご用意ください。
  • 自動車税・重量税
    車両の所有者に対する自動車税・重量税・自動車検査登録印紙代はご負担ください。
  • 自賠責保険料
    車両の所有者に対する自賠責保険料はご負担いただきます。※リース車の場合、上記はすべてリース料金に含まれます。

役割分担するメリット


お客様には車両をご用意いただくだけで、当社でその運行・管理を一括して請け負うというこのシステムをご提案するのには、理由があります。

車両運行・管理システムの導入により、運行管理費の大幅な削減が可能になるのです。

つまり、お客様は運転士の採用や教育、労務管理、そして事故処理などの繁雑な業務から解放され、これまでより生産性の高い業務に専念していただけるというわけです。

[導入までのステップはこちら]