社長挨拶

 株式会社 エスアールティーは平成30年2月に満20歳を迎えます。
創立以来、お客様には多くの失敗やご迷惑をおかけしたにもかかわらず、私達を温かく育てて頂き、深く感謝申し上げます。

 思えば平成10年、中山間地の公共交通が過疎化の進行により衰退していく中、健全経営の下、なんとか維持方策をとの思いでスタートした会社ではありますが、現実は厳しく、未だ暗中模索を繰り返しているのが実情です。

 しかしながら、岡山県下で初めて、複数自治体と役割分担し、公設民営方式による“生活バス”の運行を手掛け、現在では、国土交通省から貸切・乗用・乗合・特定事業と旅客運送に係る全ての事業許可を頂き、ようやくお客様のニーズに適した旅客サービスを提供できるところまできました。

 私達の“交通弱者と云われる人達のお役に立ち、社会から必要とされる会社になろう”という想いは時代に左右されるものではない筈です。また、その想いをお客様にもご理解頂けたからこそ、今日まで事業を継続することが出来たのではないかとも思います。

  “自宅の前に出ていれば時間通りにバスが来てくれる”と思ってくださる年配の方や子ども達の気持ちを大切に、これからもお客様の生活に密着した会社であり続けたいと私達は思っています。

 今後とも、皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

平成29年 4月 
株式会社 エスアールティー
代表取締役  服部 哲